シミ・そばかす

シミ・そばかす

最新レーザーと導入治療を組み合わせ、透明感のあるお肌に

頬や目の下、鼻の周りなど、少しずつ濃くなってくるシミ。シミの約80%は、紫外線が原因で出現してきますが、シミの原因となるメラニンのある深さなどによって大きく6種類に分かれます。

このためシミの治療では、そのシミが何であるのかを正確に診断し、それぞれのシミに対して効果的な機器・外用などを組み合わせてプランニングしていくことが重要です。

シミ治療を受けた患者様の声

  1. 最新のシミ治療法

シミの種類

日光性色素斑

日光性色素斑
老人性色素斑・日光黒子とも呼ばれ、シミというとこのタイプを表していることが多いです。頬骨の近くや目の下などに出てくる、辺縁がはっきりした濃い茶色のシミです。大きさはさまざまで、20代の後半から出てくることが多く、時間がたつにつれて濃くなったり、大きくなったりします。原因となるメラニンは皮膚の浅いところ(表皮)に存在します。

雀卵斑

雀卵斑
そばかす(ソバカス)のことです。鼻の周りを中心に目の下の頬に左右対称に細かく薄い茶色のシミがたくさんでてきます。子供の頃からあることが多く、紫外線が強い夏に悪化する傾向があります。原因となるメラニンは皮膚の浅いところ(表皮)に存在します。

肝斑

肝斑
女性ホルモンのバランスの変化やこすり刺激、紫外線などが複合的に作用してできるシミです。妊娠出産やピルの内服を契機に出現することもあります。原因となるメラニンは皮膚の深いところ(表皮~真皮)に存在します。

詳しくは肝斑のページへ

ADM

後天性真皮メラノサイトーシス
後天性真皮メラノサイトーシスといい、「25歳頃から出現してくる」という特徴があるシミです。頬骨の近くに左右対称にできることが多く、日光性色素斑や雀卵斑とは違い、灰色から少し青みがかかった茶色をしているのが特徴です。原因となるメラニンは肝斑より深い部分(真皮)に存在します。

脂漏性角化症


皮膚の老化現象として出現してくるシミで、他のシミと異なり盛り上がってくるのが特徴です。盛り上がっていなくても、シミのない部分の皮膚とは質感が変わっており、触れると表面がざらざらしています。色は薄茶~黒色まで様々で、日光に当たりやすい頬骨、おでこ、鼻などにできやすいです。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着
ニキビの跡や虫刺されの跡などにでてくる茶色のシミです。皮膚の炎症が原因なので、顔だけでなく全身どこでも出現する可能性があるものです。色素沈着となっているメラニンは皮膚の浅いところ(表皮)から深いところ(真皮)まで様々に存在しています。

シミの診断

肌画像カウンセリングシステム肌画像カウンセリングシステム

特徴のあるシミ(脂漏性角化症や雀卵斑)は診察で分かりますが、数種類のシミが同時に出ていることが多いため、肌画像カウンセリングシステム「re-Beau(レビュー)」を用いてメラニンを描出します。肉眼では確認できないメラニンを観察しつつ、ライフスタイルやスキンケアを含めてお肌のコンディションを診察することで、正確な診断を行います。

シミの治療方法

1、メラニンが浅いところ(表皮)にある日光性色素斑・雀卵斑(そばかす)

最新ピコ秒レーザー「ピコシュア」を使用して治療を行います。ピコシュアは従来のQスイッチレーザーに比べて破壊力が非常に高いので、今まで治療が難しかった薄い色のシミ・そばかすも取り去ることができます。シミの部分にピコスポット照射を行い、メラニンを強力に粉砕し、シミを浮き上がらせて除去します。ピコシュアならばスポット照射を行っても、肌表面を傷つけないので、従来のようにかさぶたにならずにシミを取り去ることができます。テープ保護がいらないため、治療後はすぐにメイクすることが出来、いつも通りの生活を送ることができます。1週間程度でシミが角質とともに剥がれおちてきます。日光性色素斑・そばかすは一か所ではなく、顔全体に広がっていることが多いのでピコトーニング、ピコフラクショナル、そしてピコスポットの3種類と「メソアクティス」によるメソポレーションを組み合わせて顔全体のメラニンを破壊するとさらに効果的です。さらに、この治療であれば、今後シミとして出てくるであろうシミ予備軍(潜在メラニン)も同時に消していくことができます。

2、メラニンが深いところ(真皮)にある後天性真皮メラノサイトーシス・色素沈着

これも「ピコシュア」を使用して治療を行います。深い部分にあるメラニンを破壊するために、日光性色素斑やそばかすよりエネルギーを大きくしてピコスポット照射をおこないながら、ピコトーニングとピコフラクショナルを組み合わせます。皮膚の中でメラニンが奥に向かって広がっているため治療には複数回のレーザー照射が必要になることが多く、ADMや色素沈着に関しては、スポット照射をしても黒く浮いてくることが少ない傾向があります。皮膚の内側からのメラニン脱色が大切になってくるので、メソアクティスによる施術を組み合わせるとさらに効果的です。

3、脂漏性角化症

脂漏性角化症はピコ秒レーザー・Qスイッチレーザーでメラニンを破壊するのではなく、炭酸ガスレーザーで茶色く盛り上っている部分を蒸発させて除去します。当院では高性能炭酸ガスレーザー「フィクサー」を採用しており、皮膚のごく浅い部分を処置するだけでしっかり取り去ることが可能です。施術後は皮膚が削り取られた状態になるので、皮膚を再生する薬を塗り、テープで保護します。皮膚は約1週間(処置した部位の大きさによります)で再生します。その後は数か月、紫外線や刺激を避けるようにしましょう。脂漏性角化症は紫外線が原因であることが多く、一つ盛り上がりがあるとその周りに予備軍が多く存在しています。このため、今盛り上がっている部位を除去しつつ、ビタミンA・C・Eやサイトカイン・成長因子を用いて傷ついた皮膚を再生させていくといいでしょう。

4、新しいメラニンを作らせない方法(シミの予防)

メラニンは紫外線や刺激によって肌がダメージを受けた場合に作られるので、まず大切なのは紫外線対策です。ビタミンA・C・Eによるスキンケアを行いつつ、レジャー等では紫外線吸収剤の少ない日焼け止めを使用しましょう。また、飲む日焼け止めを定期的に内服することで、季節を問わず紫外線からのダメージを軽減することができるので、ベースサプリメントとしておくのが効果的です。内服を続けるのが苦手な方であれば、数か月に1度程度のペースでレーザー照射を行って蓄積したメラニンのリセットを行うといいでしょう。

症例紹介

日光性色素斑

治療前
ピコシュア症例before
治療後
ピコシュア症例after

雀卵斑

治療前
治療後

ADM

治療前
ピコシュア症例before
治療後
ピコシュア症例after

脂漏性角化症

治療前
脂漏性角化症before
治療後
脂漏性角化症after

施術の流れ

Step 1 洗顔

洗顔を行います。お肌に何もつけていない状態で撮影・施術を行います。

洗顔

Step 2 撮影

肌画像カウンセリングシステム「re-Beau(レビュー)」の撮影を行います。

撮影

Step 3 カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。気になる症状やお悩みをお伺いし、お一人おひとりに最適な治療法をプランニングさせていただきます。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずお尋ねください。

カウンセリング

Step 4 麻酔

PicoSureレーザーによる痛みがご不安な方には、外用による表面麻酔を行います。(約15分)
炭酸ガスレーザーを使用する場合は、注射による局所麻酔後に照射を行います。

表面麻酔

Step 5 レーザー照射

シミの種類により使用するレーザーを選択し照射を行います。症状に合わせて数種類の照射を組み合わせて行います。

ピコシュアについて詳しく

ピコシュアレーザー照射

Step 6 メソポレーション

メソアクティスで導入治療を行います。高濃度の有効成分をお顔に塗布し、ペン型プローブで肌に通り道を作成した後、ローラー型プローブで有効成分を導入します。

メソアクティスについて詳しく

メソアクティス

Step 7 パック

皮膚の再生を促すサイトカイン入りのパックでお仕上げをします。

アルジネートパック

Step 8 施術後

炭酸ガスレーザーの場合は施術部位にテープをお貼りします。ピコシュアの場合は、施術後に赤みが残ることがありますが、メイクしていただいても構いません。

Step 9 次回の施術

炭酸ガスレーザーの場合は2~3週間後に施術部位の確認のため再診をお勧めしています。ピコシュアの場合は4~6週間毎の施術を行うことをお勧めしており、お帰りの際に次回のご予約を承ります。どうぞお気軽に045-507-7420までご連絡ください。

インターネット予約(24時間受付)

受付イメージ

価格

メニュー価格
ピコシュアトーニング(全顔)¥50,000/回4つ全てを行う
「肌再生プログラム」
¥225,000/回

¥100,000/回
フラクショナル(全顔)¥50,000/回
スポット(シミに当て放題)¥100,000/回
メソアクティス肌再生コース¥25,000/回
レブライトSI(全顔)¥25,000/回
フィクサー(CO2レーザー)5000円/5mm(直径5mmの円)
点滴高濃度ビタミンC点滴¥20,000/回
サプリメントリポカプセルビタミンC30包入り ¥7,200
サブスタンスH2(水素カプセル)30CP入り ¥9,200

当院では、様々な治療方法を組み合わせて、身体の内側と外側からシミにアプローチ。再発させないメンテナンスも同時に行ってまいります。

PAGE TOP