肝斑

肝斑

様々な治療方法を組み合わせて、身体の内側と外側から肝斑にアプローチ

  1. 肝斑の最新治療

肝斑とは

紫外線・スキンケアでのこすり刺激といった皮膚の外側から問題と、女性ホルモンバランスの乱れなどの身体の内側の問題が原因となって出現するシミの一種です。

俗にシミと呼ばれる「日光性色素斑」より深いところにメラニンがたまっていることが多く、非常に敏感で、従来のレーザー治療を行うと色がさらに濃くなってしまう、という特徴があります。

肝斑を消すには、周りの細胞を刺激しないように注意しながら今あるメラニンを壊し、新たなメラニンを作らせない、という先を見据えた治療が必要になります。

シミイメージ

肝斑の見た目

肝斑イメージ

目の下からこめかみにかけて両目を囲むような、うすく・ぼやっとした淡い茶色のシミ。チークをいれるライン(頬骨の上)をなぞるように出てくることが多いです。

肝斑イメージ

うつ伏せで寝たり、頬杖をつく癖があると、下にして寝ている方や頬杖をついている方のほうれい線近くの頬に、目の下から口の横に向かって淡く色が出てくることが多いです。

肝斑イメージ

淡い茶色のシミの上に、周りがハッキリした濃い茶色(日光性色素斑)や薄い灰色がかった茶色のシミ(ADM:真皮メラノサイトーシス)が一緒に出ていることが多いです。

肝斑の原因

紫外線

紫外線イメージ
一番の原因と言われます。どんなに避けていてもいても肌細胞に到達するものです。

女性ホルモン

女性ホルモン
妊娠出産やピル内服を経て出現・悪化することも多いため、女性ホルモンのバランスの変化が関係するだろうと考えられています。

刺激や乾燥

こすり刺激イメージ
スキンケア、メイク時にこすったり、触ったりしているところに強く出る特徴があり、刺激に対して非常に敏感です。また、乾燥は皮膚のバリアが低下している状態なので、様々な外的刺激に敏感になり、肝斑にも悪影響を与えます。

診断方法

肝斑は見た目だけは正確な診断ができません。このため当院では肌状態だけでなく、スキンケアやライフスタイルなどについて詳細な問診を行うとともに、肌画像カウンセリングシステム「Re-Beau」を用いて、肉眼では確認できないメラニンの状態も明らかにします。

レビューレビュー

当院での肝斑治療方法

身体の内側と外側から今あるメラニンを消しつつ、これからのメラニンを作らせないコンビネーション治療を行ってまいります。

1、レーザー照射で今あるメラニンを破壊する

今ある肝斑の原因であるメラニンを破壊するためにレーザー照射を行います。肝斑を形成しているメラニンは「岩」のようになっているため、これを細かく砕くのがレーザーの役割です。ただし、肝斑の周りにある細胞を傷つけないよう、特殊な照射が可能な機種を選ぶ必要があります。当院では下記の2機種を採用しています。下記①②はお肌の状態に適したものを医師が選択し、医師が照射します。

① 最新ピコ秒レーザー「ピコシュア」

ピコシュアは3種類の照射が可能で、肝斑の状態によって照射方法やエネルギーをカスタマイズすることができます。新技術のピコ秒照射によりメラニンに対し2つのエネルギー「熱」「衝撃」を与え、これを破壊することができますが、周りに与える影響を最小限にすることができます。これは熱を閉じ込める効果(熱閉じ込め効果)と衝撃を閉じ込める効果(応力閉じ込め効果)があるため、照射されたエネルギーがメラニンの外に出ていかないからです。この応力閉じ込め効果はピコ秒レーザーだけの特徴で、従来のQスイッチレーザー(ナノ秒レーザー)ではこの効果を出せません。2つの効果をもつピコシュアのメラニン粉砕力は従来のQスイッチレーザーとは比べ物になりません。「メラニンはしっかり砕くけれど、まわりは傷つけない」、これがピコシュア治療の特徴です。また、ピコシュアではフラクショナル照射が可能であり、この特殊な照射を行うことによって真皮の遺伝子発現が改善されます。敏感で傷ついた肌が健康な状態に改善するため、肝斑を改善しつつ再発しにくい肌を作ることができます。

ピコシュア

ピコシュアについて詳しく

② 進化型Nd-YAGレーザー「レブライト」

レブライト(RevLite)はPTP照射という特殊な照射が可能で、肝斑治療におけるFDA認可を得ています。肝斑治療で一躍有名になったレーザートーニングは、レブライトの一世代前の機種(メドライトC6など)を用いた施術ですが、このレーザートーニングを進化させ、メラニンを壊しつつ周囲へのダメージを減らすことができるのがPTP照射です。1照射で強いエネルギーを放出するのではなく、極短時間に2連発することで効果を高めるのがレブライトの特徴です。

レブライト

2、メソポレーションで砕いたメラニンの掃除・皮膚の再生を行う

メラニンは砕いた後、皮膚表面に浮き上がって角質とともに剥がれて捨てられるもの、体の内側に食べられて(貪食されて)なくなるものに別れます。この2つの作用を促進し、メラニンを早くなくすことがレーザー照射後から大切になってきます。これを行うのが、メソアクティスを用いたメソポレーション(電気穿孔法)です。メソポレーションは皮膚に薬剤の通り道をつくり、アフタートリートメントに必要な高濃度ビタミンC、アルブチン、トラネキサム酸、ヒアルロン酸、サイトカイン(成長因子)などを、肌細胞そのものに浸透させるものです。メソポレーションの替わりにイオン導入を行っている施設もありますが、メソアクティスによるメソポレーションとイオン導入には薬剤の浸透量に70倍の差があります。また、メソポレーションを行う機器にも多くの機種がありますが、日本人に合わせて製造され、薬剤浸透などの信頼できるデータがそろっているのがメソアクティスです。このため、当院ではアフタートリートメントにメソアクティスを使用します。

メソアクティス

メソアクティスについて詳しく

3、体の内側からメラニンを脱色する

メラニンは還元することで脱色することができますが、これに必要なのがビタミンCです。ビタミンCは体内で作ることができないので、サプリメントや点滴で身体に取り入れなければなりません。ビタミンCは水溶性でありながら吸収率が低いので、通常のサプリメントや処方薬を使用していてもなかなか効果を期待できません。このため高濃度ビタミンC点滴を行って、体内に直接ビタミンCを届けるのが有効です。点滴後には、肌細胞の隅々までビタミンCを充填することができます。ビタミンCはいつも濃度を高く保っておくことが大切なので、ご自宅ではリポカプセルビタミンCの内服を行うと効果的です。リポカプセルビタミンCは通常のビタミンC内服薬と異なり、人間の細胞と同じリン脂質でビタミンCを包み込んだものなので、吸収率を98%まで高めることができた製剤です。肝斑治療でよく処方されるトラネキサム酸(トランサミン)に関しては、抗プラスミン活性(血液を固める作用)がある作用があるため、当院では内服は行わず、メソポレーションでの導入を行っています。

高濃度ビタミンC点滴

点滴療法について詳しく

4、スキンケア・サプリメントでメラニンが作られにくい肌を作る

メラニンを作らせないためには、紫外線のダメージを最小限に抑えること、受けてしまったダメージを修復できる健康な肌細胞を再生しつづけること、の2つが大切です。これに必要なのが、ビタミンAを用いたスキンケアと、できてしまった活性酸素を除去する内服治療です。ビタミンAは外用するだけでSPF20の効果を持つとともに、紫外線で傷ついた肌細胞の遺伝子レベルでのリペアを行います。バリア+リペアの働きを持つビタミンAをスキンケアで継続使用することで、シミができにくく紫外線や刺激に強い健やかな肌を再生させます。

スキンケア&サプリメント

ビタミンAや日焼け止めを塗っていても、紫外線はそれを潜り抜けてお肌に到達し、悪玉活性酸素を発生します。この悪玉活性酸素がメラニンを作る刺激となるため、お肌の内側に活性酸素を中和する物質:抗酸化物質を準備しておく必要があります。抗酸化物質としてはビタミンAの他、水素、ビタミンCなどがありますが、その方の体調や体質に合わせて必要なものを補うことが大切です。ベースのサプリメントとして飲む日焼け止めを取り入れておくのもとても効果的です。

治療症例

症例1

治療前(PicoSure)
肝斑治療前
治療後
肝斑治療後

症例2

治療前(PicoSure)
肝斑治療前
治療後
肝斑治療後

症例3

治療前(PicoSure)
肝斑治療前
治療後
肝斑治療後

症例4

治療前(PicoSure)
肝斑治療前
治療後
肝斑治療後

症例5

治療前(Revlite)
肝斑治療前
治療後(12回治療後)
肝斑治療後

施術の流れ

Step 1 洗顔

洗顔を行います。お肌に何もつけていない状態で撮影・施術を行います。

洗顔

Step 2 撮影

肌画像カウンセリングシステム「re-Beau(レビュー)」の撮影を行います。

撮影

Step 3 カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。気になる症状やお悩みをお伺いし、お一人おひとりに最適な治療法をプランニングさせていただきます。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずお尋ねください。

カウンセリング

Step 4 麻酔

レーザーによる痛みがご不安な方には、外用による表面麻酔を行います。(約15分)

表面麻酔

Step 5 レーザー照射

シミの種類により使用するレーザーを選択し照射を行います。症状に合わせて数種類の照射を組み合わせて行います。

ピコシュアについて詳しく

ピコシュアレーザー照射

Step 6 メソポレーション

メソアクティスで導入治療を行います。高濃度の有効成分をお顔に塗布し、ペン型プローブで肌に通り道を作成した後、ローラー型プローブで有効成分を導入します。

メソアクティスについて詳しく

メソアクティス

Step 7 パック

皮膚の再生を促すサイトカイン入りのパックでお仕上げをします。

アルジネートパック

Step 8 次回の施術

施術後は、赤みが残ることがありますが、メイクをしていただいても構いません。

Step 9 次回の施術

4~6週間毎の施術を行うことをお勧めしており、お帰りの際に次回のご予約を承ります。どうぞお気軽に045-507-7420までご連絡ください。

インターネット予約(24時間受付)

受付イメージ

価格

メニュー価格
ピコシュアトーニング(全顔)¥50,000/回4つ全てを行う
「肌再生プログラム」
¥225,000/回

¥100,000/回
フラクショナル(全顔)¥50,000/回
スポット(シミに当て放題)¥100,000/回
メソアクティス肌再生コース¥25,000/回
レブライトSI(全顔)¥25,000/回
フィクサー(CO2レーザー)5000円/5mm(直径5mmの円)
点滴高濃度ビタミンC点滴¥20,000/回
サプリメントリポカプセルビタミンC30包入り ¥7,200
サブスタンスH2(水素カプセル)30CP入り ¥9,200

当院では、様々な治療方法を組み合わせて、身体の内側と外側からシミにアプローチ。再発させないメンテナンスも同時に行ってまいります。

PAGE TOP