ボトックス注射

ボトックス注射

自然な仕上がりを追求しています

一人ひとりの表情のクセや顔全体のバランスに合わせた丁寧なデザイニング、注入技術、そして厚労省認可のボトックス使用で、目尻・眉間・首・おでこなどの気になる表情ジワを目立たなくします。

また、ボトックスには汗や皮脂の分泌を減少させ毛穴を目立たなくする作用やちりめんジワを目立たなくする作用もあり、お悩みに合わせた施術が可能です。

ボトックス注射を受けた患者様の声

  1. ボトックス注射

ボトックス注射はこんな方にオススメ

表情ジワ(眉間のシワ、目尻のシワ、おでこのシワ等)

表情ジワは、そのまま何もせずに放っておくと、どんどん深くなっていきます。ボトックス注射の効力を発揮している期間はシワが刻まれにくく、注入を繰り返すことで効果が大きくなることも期待できます。表情ジワが深く刻まれる前にボトックス注射をすることをお勧めいたします。

エラの張りに「エラボトックス」

食べ物のそしゃくなどで発達してしまったえら部分の咬筋(こうきん)に「ボトックス注射」することで、緊張したえらをほっそりさせることで角ばった輪郭を改善し小顔にする効果が期待できます。

わき汗に「わきボトックス」

「ボトックス注射」は多汗症の治療としても人気があります。 神経伝達物質、アセチルコリンによって伝達される交感神経の命令で汗腺から分泌されるのが「汗」。 多汗症の方は、交感神経が過剰に働いて大量の汗をかいてしまうため、ボトックスで大元のアセチルコリンの分泌を阻害することで交感神経がブロックすることで発汗量の減少が期待できます。

わきボトックスについて詳しく

一人ひとりに合わせて、少ない量からスタート

ボトックスは、筋肉の動きを弱めるため、大量に・広範囲に使用した場合に、表情が変わって見えることがあります。 当院では、その方の効き具合を把握するまでは、少ない量から注射させていただいております。 そのため、注射2週間以内に再診していただき、必要に応じて後から追加するという形をとっております。 特に初めて注入される方に対しては、少量から始めて結果を見極めたうえでご相談させていただいておりますので、どうぞご安心ください。

しわの状態に合わせた施術方法で注入

瞬きをする際、瞼だけでなくおでこの筋肉(前頭筋)も同時に動く方がいらっしゃいます。このような場合におでこのしわを消そうと、おでこの筋肉に直接ボトックスを注入してしまうと、瞼が重くなり目が開けづらくなってしまうことがあります。

このような場合、筋肉に直接注射するのではなく、皮膚の浅い部位に注射することでボトックス効果をコントロールし、しわを消しつつ瞼に影響を与えない施術「マイクロボトックス」が有効です。当院ではその方のしわの状態を詳細に診察し、最も適した施術方法で治療を行います。

ボトックスは表情ジワを目立たなくし、発汗の抑制に働きます

ボトックス(botox)とはA型ボツリヌス毒素から抽出されるたんぱく質の一種です。 ボトックス注射には、脳が筋肉に運動することを命令するときに働く神経伝達物質・アセチルコリンの働きを抑制し、筋肉の収縮を抑制する作用があります。 それにより、筋肉の収縮を抑制してシワをできにくくします。

眉間など筋肉を動かすとできる「表情ジワ」がある部分にボトックス注射することで原因となっている筋肉をリラックスさせ、 眉をひそめるなどの表情が目立たなくなり、シワも次第に目立たなくなります。また、ボトックスによりアセチルコリンの分泌が阻害されると、交感神経がブロックされ、発汗が抑制されます。ボトックスビスタは、治療後数日で効果が認められ、その効果は約3~4か月持続します。

当院ではアラガン社のボトックスビスタのみ使用します

botox

当院では、国内で唯一(2018年2月時点)厚生労働省に承認されている薬剤であるボトックスビスタ®を使用します。ボトックスビスタ®は厳しい管理の下、無菌状態で製造・保管されます。
韓国製や中国製の非常に安価な薬剤も存在しますが、効果が少なかったり、抗体ができやすい等のデメリットがあるため、当院では使用いたしません。

AWARD受賞医師が施術を行います

ボトックス注射は、一定期間シワを目立たなくさせる効果がある人気の高い施術ですが、注入部位や注入量で仕上がりに差がでるため、注入には高度な技術を必要とします。

当院は2016年、アラガン社製のヒアルロン酸・ボトックスを使用した注入技術が優れているクリニックに与えられるベスト ビスタシェイパー アワード(BEST-VST®shaper AWARD)を受賞いたしました。お一人お一人の筋肉の動きや顔全体のバランスを見ながら丁寧にデザイニングし、厚生労働省認可のボトックスを使用して、丁寧に施術いたします。

施術の流れ(シワ治療)

Step 1 洗顔

洗顔を行います。お肌に何もつけていない状態で撮影・施術を行います。

洗顔

Step 2 カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。気になる症状やお悩みをお伺いし、お一人おひとりに最適な治療法をプランニングさせていただきます。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずお尋ねください。

Step 3 施術準備

表面麻酔を行います。(約20分)

麻酔

Step 4 注入

骨格や表情を見ながらデザインし、ボトックスの注入を行います。極細針を使用するため、痛みは軽度です。

Step 5 施術後

針穴を避けていただければ、直後のメイクも可能です。

Step 6 次回の施術

シワに対するボトックスは、注入後2~3日で効果が出現し、2週間後で効果が最大になります。効果が乏しい場合は、2週間以内であれば追加注入いたします。(追加注入に使用するボトックスの料金は無料ですが、針代2,160円と再診料1,080円を頂戴いたします。)どうぞお気軽に045-507-7420までご連絡ください。

インターネット予約(24時間受付)

受付イメージ

症例のご案内

症例1 おでこのシワ


前頭筋の収縮によりできる額の横ジワを浅くするために、ボトックスビスタ®を前頭筋に注入しました。額にシワを寄せていただく表情で撮影し、施術前後の状態を比較しています。
(左)施術前 (右)施術2週間後

ボトックス ¥18,900(税抜)、極細針代 ¥2000(税抜) 
表示価格は税抜価格です。

症例2 おでこのシワ


ボトックスビスタ®で前頭部に広範囲にマイクロボトックスを行いました。凹みが強い箇所には、ヒアルロン酸を注入してボリュームを補いました。額にシワを寄せていただく表情で撮影し、施術前後の状態を比較しています。(左)施術前 (右)施術2週間後

マイクロボトックス ¥27,000、ヒアルロン酸注射(1.0cc)¥37,800、極細針代 ¥2000  表示価格は税抜価格です。

症例3 顎のシワ


おとがい筋の収縮によりできる顎のシワを目立たなくするために、ボトックスビスタ®をおとがい筋に注入しました。あごを緊張させてシワを寄せていただく表情で撮影し、施術前後の状態を比較しています。
(左)施術前 (右)施術2週間後

ボトックス ¥18,900(税抜)、極細針代 ¥2,000(税抜)
表示価格は税抜価格です。

症例4 眉間のシワ


ボトックスビスタ®を眉間に注入しました。凹みが強い箇所には、ヒアルロン酸を注入してボリュームを補いました。眉間にシワを寄せていただく表情で撮影し、施術前後の状態を比較しています。
(左)施術前 (右)施術2週間後

ボトックス ¥18,900(税抜)、ヒアルロン酸注射(1.0cc)¥37,800、針代 ¥2,000(極細針)¥3,000(カニューラ)表示価格は税抜価格です。

施術のご案内

施術時間約5~10分です。
施術中の痛み注射の痛みはありますが、通常はすぐにおさまります。注射前後に注射部位を冷やすことで痛みの緩和をはかります。
施術後の反応一般的に、治療後2~3日後に効果が現れてきます。そして、2週間後には最大限の効果に達します。
ダウンタイム注射部位に内出血を起こすことがあります。
効果の持続期間効果は通常3~4ヵ月程度なので治療効果得お維持するためには継続して治療を行う必要があります。
効果の持続期間には個人差がありますので、次回の治療時期はその方に応じて医師がご提案いたします。
安全性について日本で唯一、厚生労働省認可製剤である「ボトックスビスタ®」は、日本人での有効性・安全性が試験されており、厳格な品質管理が行われています。
そのため、当院では「ボトックスビスタ®」のみを使用しています。
副作用適切な量を適切な部位に注射すれば、外見が急激に変化したり、不自然な表情に見えたりすることはありません。
副作用の多くは、適量以上の注入による薬剤の効きすぎが原因で起こります。眼瞼下垂などの副作用は、通常1か月程度で消失します。
ボツリヌス治療に対する筋肉の反応性には個人差がありますので、過去に注射して効きすぎた経験がある場合は、注入する量を調整して、
その方に最適な量を見定めてまいります。

価格

当院では、ボトックスビスタ®を使用しております。ボトックスビスタ®はA型ボツリヌス治療薬のひとつで、国内で唯一厚生労働省に承認されている薬剤です。(2018年2月時点)

種類特長価格
ボトックス眉間・目尻・あごなど1ヵ所¥18,900(税抜)
マイクロボトックス目まわり(両側)・額・頬(両側)のいずれか1ヵ所¥27,000(税抜)

※ 税抜での表示となり、別途消費税が加算されます

PAGE TOP