ピコシュア

ピコシュア

次世代レーザーを使用して透明感のある肌を再生

従来レーザー・IPLとは比べ物にならないほど「早く」「綺麗に」シミを取り去る最新ピコ秒レーザー「ピコシュア」は、シミ・肝斑治療と同時に、小じわの解消・毛穴の引き締め・くすみの改善・ニキビ痕の改善まで行う革新的なレーザーです。

ピコシュアは皮膚の下で「岩」になっているメラニンを、瞬時に「砂」まで砕きシミを消し去ります。さらに、フラクショナル照射により真皮のコラーゲンやエラスチンを増加させ、しわの解消・毛穴の引き締め・肌トーン全体の改善・ニキビ痕の凹凸の改善を行います。

今までの人生で受けた肌ダメージを消し去り新たな素肌を再生する、そんな治療が可能な“革新的な”レーザー。それがピコシュアです。

2016年7月に当院が神奈川県初導入いたしました。

ピコシュアを受けた患者様の声

  1. ピコシュアによる最新治療

レーザー治療の新しい時代の幕開けです

ピコ秒レーザーは、レーザー界で「革命的」と言われ、色素斑(シミ、そばかすなど)を従来のレーザーとは比べ物にならないほど「早く」「綺麗に」取り去ります。現在まで行われてきたどの治療より効果的であり、Qスイッチレーザー、 フォト系(IPL、フォトフェイシャル、光治療など)は必要なくなるとまで言われています。そう、従来治療の時代に終わりが来たのです。

今までの人生で受けた肌ダメージを消去し、新たな素肌を再生します


これ一台で、シミの治療は当然のこと、小ジワの解消・毛穴の引き締め・肌トーン全体の改善・ニキビ痕の凹凸の改善など、 今までの人生で受けた肌ダメージを消し去り新たな素肌を再生する、そんな治療が可能な“革新的な”レーザーがピコシュアです。

このプログラムが受けられるのは国内では当院だけ!肌再生プログラムで徹底的にお肌を再生

日本にもまだ数少ない「ピコシュア」。当院は、ピコシュアによる美肌治療法を確立し、 肌質に合わせたテーラーメイド照射を行っています。シミの治療はもちろんのこと、肌質そのものを若返らせる治療計画を作成し、ピコシュアを照射後にはダウンタイムをさらに短くするサイトカインエレクトロポレーションを併用し、さらに高い次元の効果を得ています。この「肌再生プログラム」は、国内では当院でのみお受けいただけるスペシャルプログラムであり、国内外の患者様にお受けいただいております。

ピコシュアによる肌再生プログラムの流れ

「シミ」「しわ」「ニキビ跡」米国FDAの認可を取得

ピコ秒レーザーの中でも、レーザー業界世界最大手:サイノシュアが発明したPicoSure(ピコシュア)は世界初のピコ秒レーザーであり、すでに多くの目覚ましい治療成績を上げ、米国FDAの認可も受けています。 他社にもピコ秒レーザー(enLIGHTen:エンライトン、DiscoveryPICO:ディスカバリーPICO、PicoWay:ピコウェイ)が存在しますが、「色素性病変(シミ等)」「しわ」「ニキビ痕」と幅広い分野で認可を受けているのはPicoSure(ピコシュア)だけです。

fda1

特長1  従来の数倍の速さで治療が終了。

Picosureのパルス幅は550ps(ピコ秒)。このultra-shortパルスがPressureWaveTMと呼ばれる強力なphotomechanical効果を発生させ、メラニンを破砕します。 従来のQスイッチレーザーはメラニンにレーザーを照射することで熱を発生させ、これを壊すものでしたが、ピコ秒レーザーは熱ではなく衝撃波でメラニンを砕きます。 写真のように、シミ部分で「岩」のような塊となっていたメラニンは、Picosure照射後に非常に細かい「砂」のように砕かれ、速やかに除去されます。 Qスイッチレーザーとの差がいかに大きいかが分かります。
pico5

特長2  肌を傷つけないため、テープ保護が不要。

Picosureの波長は755nmであり、他社ピコ秒レーザーのもつ1064nmに比べ、メラニン吸光度が3倍です。このため、低エネルギーでありながら非常に効果的な治療が可能となりました。 気になるシミのピンポイント治療をしてもカサブタにならないため、テープ保護が不要となったのです。

pico6

特長3  フラクショナル照射後のダウンタイムもごくわずか。

PicosureにはFOCUSという特殊な照射を可能とする ハンドピースを装着できます。これはフラクショナル照射を可能とするもので、シミ治療と同時に、フラクショナル照射が可能になりました。従来、フラクショナルレーザーは照射後に皮膚表面に傷:多数の穴を開け肌を再生させるもので、照射後に長いダウンタイムが発生するという弱点がありました。 しかしピコシュアFocusでは、表皮に傷をつけないフラクショナル照射が可能となったのです。 シミを治療しながら、小ジワやニキビ痕の凹みなど、肌質そのものまで改善できるという画期的な治療、それがピコシュアFOCUS(ピコフラクショナル)です。

4

特長4  エラスチン・コラーゲン産生増加し、肌質そのものを改善

照射後には真皮でのエラスチン・コラーゲン産生の増加しています。この作用により肌のハリを改善させ、ニキビ痕等を目立たなくすることができます。

pico7

特長5  多数の治療実績があり、FDA認可があるのはピコシュアのみ

Picosureは、すでに多くの治療実績を持ち、米国での厚生労働省:FDAにより、色素性病変(シミ・肝斑等)、しわ、ニキビ痕に関して承認を受けています。 これほどまで広い分野でFDA承認を受けているピコ秒レーザーはピコシュアのみです。また多くの臨床データが蓄積されており、その有効性が国内外の学会で発表されています。

pico8

特長6  こんなに効果が高いのにダウンタイムは最小限

これほど効果が高いにも関わらず、ピコシュアのダウンタイムは最小限です。 Focus照射(フラクショナル照射)を行っても、数時間赤みが出るのみなのですぐに日常生活に戻ることができます。施術後、すぐにメイクしていただけます。

pico10

症例のご紹介

症例1 毛穴

50代の女性です。20代からニキビに悩まされ、痕が残ってしまったとのことでした。真皮が傷つき、毛穴が開いてしまうとともに皮膚が厚く、硬くなっている状態でしたので、PicoSureとmesoacthysによる肌再生プログラムで治療を行いました。PicoSureのFOCUS(フラクショナル照射)は真皮コラーゲンを再生させるとともに、過剰なメラニンを除去するため、質感の改善と色合いの改善を行うことができます。

症例2 ニキビ・ニキビ跡

症例3 しわ

症例4 シミ

症例5 シミ

症例6 シミ

症例7 肝斑

施術の流れ

Step 1 洗顔

洗顔を行います。お肌に何もつけていない状態で撮影・施術を行います。

洗顔

Step 2 撮影

肌画像カウンセリングシステム「re-Beau(レビュー)」の撮影を行います。

撮影

Step 3 カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。気になる症状やお悩みをお伺いし、お一人おひとりに最適な治療法をプランニングさせていただきます。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずお尋ねください。

カウンセリング

Step 4 レーザー照射

症状により照射方法を選択し照射を行います。ピコ秒レーザーを使用する場合で痛みが心配な場合は外用による麻酔施術を行います。

ピコシュアレーザー照射

Step 5 メソポレーション

メソアクティスで導入治療を行います。高濃度の有効成分をお顔に塗布し、ペン型プローブで肌に通り道を作成した後、ローラー型プローブで有効成分を導入します。

メソアクティス

Step 6 お仕上げ

皮膚の再生を促すサイトカイン入りのパックでお仕上げをします。

アルジネートパック

Step 7 次回の施術

ピコシュアの場合は4~6週間毎の施術を行うことをお勧めしており、お帰りの際に次回のご予約を承ります。再診予約をお電話でされる場合は、045-507-7420までお気軽にご連絡ください。

受付イメージ

価格

PAGE TOP