たるみ

たるみ

高周波マシンや各種注入材を用いてリフトアップ

たるみは、皮膚・脂肪を支えるためのコラーゲンやエラスチンが加齢や紫外線により変性・減少して生じます。
さらに、皮下脂肪の増加やむくみもたるみの原因となります。

当院では、たるみの種類とお顔の場所に合わせた効果的な治療法を多数ご用意しております。医師がお肌の状態を診察し、最適な治療プランをご提案いたします。

たるみ治療を受けた患者様の声

  1. 最新のたるみ治療

たるみは立体的に改善することが重要

私たちの顔の老化は、皮膚だけではなく、骨格・筋肉・皮下脂肪などさまざまな部分でおこります。そのため、たるみを改善するには、様々な角度からお顔全体を見て立体的な改善を考えることが重要です。
皮膚の下垂や骨格の損失、皮下組織の減少などに対する立体的な変化をとらえて、顔全体を立体的にアプローチする治療を行います。

この立体的な改善を可能にするのが、新しいたるみ治療法である「ビスタシェイプ(VST®-Shape)」です。ビスタシェイプは、ヒアルロン酸注入で失われた骨や脂肪を補いながら、ボリューム減少を改善しお顔全体をリフトアップします。さらに、深いしわにも直接注入することで、とても自然にお顔のたるみを改善します。

表情筋の動きが強い方には必要に応じて、ボツリヌス製剤を併用し、しわを解消して、さらに顔全体の印象を若返らせます。

当院で使用している製剤は、日本国内で製造販売が認められ、厚生労働省による品質や有効性、安全性などについての厳しい審査をクリアした アラガン社のヒアルロン酸(ジュビダームビスタ®)やボツリヌス製剤(ボトックスビスタ®)であり、安全で効果的な施術が可能です。

より美しく仕上がる たるみ治療法「ヒルズシェイプ」

当院ではより自然かつより美しく仕上げるために、オリジナルメニュー「ヒルズシェイプ(HILLS SHAPE)」を行っています。老化は、脂肪、筋、皮膚、骨格のすべてに起こることに着目。全ての層にアプローチするため、たるみが自然かつ劇的に改善します。

POINT 1
ウルティマで脂肪にアプローチ


1MHzの超音波を脂肪層に照射することで、脂肪層の深層、浅層の各層にキャビテーション作用(脂肪溶解作用)を生じさせ、たるみの原因となる余分な脂肪を痛みなく溶かします。

血管などは破壊せずに、脂肪だけを溶解。

POINT 2
顔筋マッサージで筋肉を元の位置に

ヒルズオリジナル顔筋マッサージ
お顔のたるみは、皮膚だけでなくその土台となる筋肉のたるみも原因の一つです。顔の筋肉の凝りを丹念にほぐすことにより、顔全体の血流が良くなり、お顔全体のリフトアップにつながります。さらにリンパの流れに沿ってマッサージを施すことでたるみを改善し、フェイスラインを引き上げ小顔に導きます。

POINT 3
皮膚や皮下組織をひきしめる


2種類の高周波を照射。皮膚の深い部位から脂肪層の深い部位をモノポーラで引き締め、 皮膚の表面はバイポーラにより肌から脂肪層全体にかけて引き締め効果、コラーゲン生成、リフトアップ効果があります。

ウルティマについて詳しく

POINT 4
デザイニング


骨格、脂肪や筋肉のつき方を見ながら、その方のお顔が最も美しい状態になるよう、綿密にデザイニングを行います。

POINT 5
注入(ヒアルロン酸・ボトックス)


使用する製剤は、品質確かな厚生労働省認可製剤を使用。麻酔で痛みを軽減しながら、血管透過装置やカニューラなどを用いて丁寧に施術いたします。

ヒアルロン酸注射について詳しく

POINT 6
AWARDを受賞いたしました


2016年 BEST VST-Shaper AWARDを受賞。アラガン社製ヒアルロン酸やボトックスを使用した結果の満足度が高いクリニックとして表彰されました。また、当院オリジナルたるみ治療法「ヒルズシェイプ」は「注入施術の効果を向上させ、美しい仕上がりを可能にするもの」と高く評価されました。

施術の流れ (一例)

Step 1 洗顔

洗顔を行います。お肌に何もつけていない状態で撮影・施術を行います。

洗顔

Step 2 カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。気になる症状やお悩みをお伺いし、お一人おひとりに最適な治療法をプランニングさせていただきます。ご不明な点や不安なことがありましたら、遠慮せずお尋ねください。

Step 3 キャビテーション

1MHzの超音波を脂肪層に照射することで、脂肪層の深層、浅層の各層にキャビテーション作用(脂肪溶解作用)を生じさせます。

Step 4 顔筋マッサージ

解剖を熟知した専任スタッフが、ハンドテクニックを駆使して、筋肉の凝りをほぐし、お顔の形を整えます。

ヒルズオリジナル顔筋マッサージ

Step 5 ウルティマ

皮膚の深い部位から脂肪層の深い部位をモノポーラ方式で引き締めます。

Step 6 ウルティマ

皮膚の表面部位はバイポーラ方式で引き締めます。

Step 7 麻酔

外用による表面麻酔を行います。(約15分)

表面麻酔

Step 8 注入施術

デザイン後、厚生労働省認可製剤を使用して、丁寧に注入を行います。

Step 9 施術後

針穴を避けていただければ、施術後メイクすることは可能です。

Step 10 次回の施術

たるみの状態に応じて、施術間隔や必要な施術回数が異なりますので、カウンセリング時に最適なプランをご提案いたします。ご予約はどうぞお気軽に045-507-7420までご連絡ください。

インターネット予約(24時間受付)

受付イメージ

PAGE TOP