「くすみにはIPL、シミにはレーザー」は一昔前の考え方です。

シミやくすみ、毛穴のひろがりに小じわ… そんなお肌にある悩みを一気に解決したい!

今はこんな欲張りなご要望にもお応えできる優秀なマシンが存在します。シミ・くすみ、お肌のハリ、毛穴まで同時に治療出来る方法。それは、ピコ秒レーザーを使った治療です。

「くすみにはIPL、シミにはレーザー」と思っている方がまだまだたくさんいらっしゃるようですが、これはQスイッチレーザーしかなかった時代の話です。
現在、きちんとレーザー治療を行なっているクリニックの多くはピコ秒レーザーを使用していますが、Qスイッチレーザーとピコ秒レーザーは,ポケベルとiPhoneくらいの性能差があります。

その中でも大きな違いは3つ。
①ピコ秒レーザー(ピコシュア)ならシミを治療するときにかさぶたになりません。
②ピコ秒レーザー(ピコシュア)ならIPLのようにお肌のハリ,くすみの治療ができ,かつその効果はIPLの数倍なので回数は少なくて済みます。
③ピコシュアならシミの治療をしながら毛穴を開きを改善し,ハリを出し,細かいシワまで改善できます。

もちろんこのような効果を出すにはピコ秒レーザー(ピコシュア)をいかに最大効果で使用するかを熟知している必要があり,その方のお肌の状態を正確に把握するのがピコシュアを使いこなす最初の大切な1歩になります。

当院はピコシュアを使用するDr向けのセミナーを開催したり、いかにピコシュアの性能を最大まで引き出すかを日々探求しています。

2017年の日本美容皮膚科学会では、ピコシュアのシンポジウムならびにランチョンセミナーで講演しました↓

国内のドクターにレクチャーさせていただきました↓
海外のドクターにもレクチャー↓

それではここで当院の治療例を見てみましょう。

症例は50代の女性です。細かいシミが上まぶた・下まぶたにでており、目を中心として放射状に細かいシワが形成され、目尻のシワは深くなってきている状態でした。肌全体を綺麗にしていきたいとのご希望であったため、ピコシュアによる肌再生プログラムを行いました。

(左)施術前 (右)施術後

お肌全体が白くなっていることが分かると思います。さらに放射状にのびていたシワは目立たなくなり、目尻から横に伸びていたシワも薄くなりました。ごわごわしてシワができやすい状態であったお肌が、もっちり・ふわふわとした肌触りとなって細かいシワが薄くなってくるような変化が起こります。これが肌質の改善です。

ピコシュアによる照射法は実に色々あるのですが、その中でどういった照射方法がご自身に適しているのか、その方のライフスタイルやご要望に応じて治療プランを組み立ててまいります。肌トラブルが気になる方、是非お気軽にご相談ください。

あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事

2018年6月
« 5月  
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930