私がピコレーザーの中で「ピコシュア」を使う理由

シミを消しつつ、毛穴・ニキビ痕・ハリ・くすみを同時に、ノーダウンタイムで治療することができる「ピコシュア」。2016年6月の導入以来目覚ましい結果を出し続け、多数の学会講演や実技指導の機会を頂いています。

今回は日本抗加齢美容医療学会にて、現在市場にあるピコレーザーとの比較をしながらピコシュアの強みについて講演させていただきました。

現在使用されている3大メーカーのピコレーザーは、

  • サイノシュア社のピコシュア(PicoSure)
  • シネロンキャンデラ社のピコウェイ(Picoway)
  • キュテラ社のエンライトン(enLIGHTen)

ですが、それぞれ特徴があり「どのような治療が得意なのか」、「ダウンタイム」そして「レーザーの精密さ」が機種により大きく異なります。

ピコシュアは、ダウンタイム少なく、同時に様々なお悩みを治療可能!

他のピコレーザーでは、効果を強く出そうとすると照射後に内出血やカサブタができたり、一定したエネルギーでの照射ができなかったりと従来のQスイッチレーザーと変わらないダウンタイムを覚悟する必要があります。

一方でピコシュアは、

  • 常に安定したレーザーが照射される精密さを持つ。
  • 特殊な照射法を組み合わせることで、ダウンタイムを少なくできる。
  • シミだけでなく毛穴・ハリ・ニキビ痕など、同時に様々なお悩みを改善
  • スキンリジュビネーション(お肌の若返り)が可能。

厚いカサブタや内出血を作ることなく、すぐに日常生活に戻れるのは、非常に大きな利点であり、当院では「ダウンタイムがない治療でシミを消してほしい」「仕事に支障のない方法でお肌の若返りがしたい」といった要望に応えられる治療として、ピコシュアは非常に人気があります。

それではここで症例をご紹介しましょう。

症例1 40代女性

細かいシミや色素沈着に加えて肝斑がしっかりでているタイプのお肌でした。
(左)治療前 (右)3回治療後

目まわりの肝斑が目立たなくなり、小じわも改善しました。

ピコシュアフラクショナル(¥35,000)、メソアクティス(¥25,000)
ピコシュアの注意事項  価格
症例2 30代女性

ふくらみのあるシミ(脂漏性角化症)とニキビ、ニキビ痕の色素沈着が気になっておられました。
(左)治療前 (右)4回治療後

今あるニキビ、ニキビ痕を改善するとともに、ニキビのできにくい肌へと導きます。

ピコシュアトーニング(¥25,000)、ピコシュアフラクショナル(¥35,000)
ピコシュアの注意事項  価格
症例3 60代女性

ふくらみのあるシミ、細かい平らなシミとともに肌の小じわが気になるとの事でした。

(左)治療前 (右)2回治療後

顔全体の色合いがトーンアップし、シミも目立たなくなりました。継続することで、さらに毛穴やシワも目立たなくなってきます。

ピコシュア+メソアクティスによるヒルズフェイシャル(¥100,000)×1
ピコシュアの注意事項  価格

 

最後に、学会に勉強しに来ていたスタッフと共に。

本当にうちのスタッフはみな勉強熱心です。
多くの方の肌トラブル解決につなげられるよう、私もさらに研究を続けて参ります。

今年のシミは今年のうちに!シミ一掃しませんか?

いらないシミを綺麗にして新年を迎えたい!そんな方にむけて、ただいま「シミ一掃大作戦!」を開催中です。年内のご予約が埋まってまいりましたので、ご希望の方はお早めにご予約ください。年内は29日まで診療いたします。詳しくはこちら↓

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)
インターネット予約(24時間受付)

年内のご予約が、大変取りにくくなってまいりました。年内の施術をお考えの方は、早めのご予約をオススメいたします。年内は12/29まで診療いたします。

関連記事