夏のシミを一掃しましょう!vol.1 ピコシュア編

朝晩涼しくなり、すっかり秋めいてきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?そろそろ、お顔に夏の疲れがでてくる頃です。

秋の訪れとともに、私の顔にも「もやもや」としたシミが出てきました。シミはできたらすぐに治療することが肝心です。

それでは、夏の楽しい思い出だけ残して、お顔のシミは一掃してしまいましょう!!

まずは、シミと言ったら「ピコシュア」。
「カサブタ」を作らずにシミ治療ができる新世代レーザーです。

ピコシュアの照射法には、スポット、トーニング、フラクショナルの3種類があります。

私のような、肝斑と呼ばれるシミがある場合、照射法にはかなり難易度の高いテクニックが必要です。普通のシミを消すように、スポット照射なんてしてしまったら大変!悪化して、よけい濃くなってしまいます。

ちょっとした照射角度の差で結果が変わってくるので、照射法には細心の注意を要します。
また、スポットには2.0から4.0まで0.1mm刻み、
トーニングには4.0から6.0まで0.1刻みと8.0mmと10.0mm、
フラクショナルには、6mm、8mm、10mm、

と、多くの照射径があるため、シミの深さ、毛穴の大きさ、皮膚の色調などによって、逐一変えながら照射していくため、当院では、レーザーを熟知した医師が照射を行います。

同じ人でもシミによって照射法や照射径を変えながら照射する様子は、まさに「職人技」です。

「私のシミにあった照射法はどれかしら?」と心配しなくて大丈夫。

シミは目で見るだけで正確に診断することは困難なため、特殊な撮影をして肉眼では見えないメラニンや毛穴にたまっている皮脂を正確に映し出します。

画像診断の結果をもとに数千例のピコシュア照射経験のある医師があなたのシミを総合的に診断。肌状態やライフサイクルに応じた無理なく続けられるプログラムをご提案いたします。

次回は、ピコシュアを照射したあとの変化やダウンタイムについてお伝えいたします。

 

 

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事