更年期や月経前後のつらいお悩みに。

多くの女性が経験する月経前後や更年期の不調。

これは、卵巣機能の低下によるエストロゲンの減少が原因。

エストロゲンの分泌は、20代後半から30代前半にピークを迎え、30代後半から分泌量が低下していきます。

そのため、女性の老化は閉経より前の35歳頃から徐々に進行していきます。

エストロゲン量が減少すると、顔面骨の骨密度が減少し、皮膚もたるんできます。35歳頃から見た目年齢が変化してきて、しわやたるみが気になりだすのはそのためです。

2人に1人は大豆を食べてもエクオールを作れない

このエストロゲンの減少を補うのに有効なのが、大豆イソフラボン。体内でエクオールという物質に変換されて、エストロゲン様作用をします。

 

しかし、体内で大豆を「エクオール」に変換するための腸内菌は、全員が持っているわけではありません。エクオールを作れるのは、日本人の2人に1人

つまり、日本人の50%は、どんなに大豆を食べていても体内でエクオールを産生できないのです。

これは、簡単な検査で、自分がエクオールを作れるか否かを判定できます。

エクオール検査「ソイチェック」¥4,000

そして、ご自身でエクオールが作れない方も心配しないで大丈夫。 エクオールを供給できるサプリンメントがあります。

エクオール作れない方も大丈夫!「エクエル」¥4,000

いつまでも、元気で若々しくいたい女性の強い味方です。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事