講演&ライブデモンストレーション in シンガポール

シミを消しつつ、肌そのものを若返らせるピコレーザー「ピコシュア」と
脂肪減少と皮膚の引き締めを同時に行う痩身レーザー「スカルプシュア」。

当院で治療をうけた方々の満足度が非常に高いレーザーです。

しかし、同じ機器でも効果に差が出るのはなぜか?
なぜ、当院の治療結果が優れているのか?

今回、その秘訣を「アジア各国のドクターに講演してほしい。」との依頼をうけ、ピコシュアとスカルプシュアについての学術講演およびライブデモンストレーションのために、スタッフと共にシンガポールに行ってまいりました。

会場はCentennial Tower。

午前中はピコシュア、スカルプシュアについて学術講演

各国のドクターが集まる中、様々な症例と共に、機器の理論から実際の治療方法に至るまでのお話しをしました。

当院の実績を評価され、表彰もしていただきました。

講演したドクターと共に。

左から、Dr.Hee Su Kim(韓国)、Dr.Shang Li Lin(台湾)、Dr.Chig Hsin Huang(台湾)。
Dr.Linとは、先日の台湾のイベントでもご一緒しました。

講演終了後には、多くの質問をいただき、シンガポール、韓国、中国、マレーシア等様々な地域のドクターと議論を交わしました。

海外のドクターは、機器の学術分野にも非常に高い関心をお持ちで、「なぜこの治療結果が出るのか」など、日本ではなかなか話す機会のない、かなり深いところまで理論の説明をさせていただきました。

我々美容医療に携わる者は、機器の使い方だけでなく、「なぜそうなるのか」、「その背景にある理論は正しいのか」等を考えながら治療法を作り上げねばなりません。

それをしっかりと考え、熟知した上で治療するからこそ、高い効果を上げることができ、結果的に高い満足度につながるのだと、私は思います。

午後はスタッフと共にライブデモンストレーション

スカルプシュアのデモセッションでは、実際の患者様の体形と希望に合わせて、どの部分の脂肪を減少させ、どこを引き締めれば最も美しい身体を作ることができるのか、実際の施術法をご覧いただきました。

こちらも、ただ闇雲に装着すればいいのではありません。

脂肪の厚さや硬さ、脂肪のつき方、リンパの流れの方向などを考えながら装着することにより、ただ脂肪が減るのではなく、綺麗なボディラインを作り上げることができるのです。

デモンストレーション後も「他の部位はどのように治療すればいいのか」、「痛みなく、効果がでる装置の付け方が知りたい」などの質問が相次ぎ、豊富な知識と経験で治療をサポートしてくれる当院のスタッフと共にお答えしました。

今回は、アジアのドクターたちの美容医療に対するあふれる熱意を感じたシンガポール滞在となりました。

私も当院にご来院される皆様に、効果そして満足度の高い技術を提供すべく、スタッフと共に引き続き研究を続けてまいります。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)
インターネット予約(24時間受付)

年内のご予約が、大変取りにくくなってまいりました。年内の施術をお考えの方は、お早めのご予約をオススメいたします。年内は12/29まで診療いたします。

関連記事