「Total Facial Treatment」の重要性

先日、黄金比を美容注入治療に取り入れるアプローチ法を「BeautiPHIcation」として体系化した世界的権威、カナダのDr.Arthur Swift(アーサー スウィフト)と、注入治療にかかわる顔面解剖学の権威であるインドのDr.Krishan Mohan Kapoor(クリシャン モハン カプール)が来日されたのを機に、アラガンの注入指導医とファカルティのメンバーが一堂に会し、ミーティングが開催されました。

Dr.Kapoorには、注入治療にかかわる顔面解剖学をご教授いただき、

Dr.Swiftには、スイフトリフトという少量のヒアルロン酸で効果的にリフトアップする方法を伝授していただきました。

さらに、Dr.Swiftが訴えていたのは、一部分を治療するのではなく、全体を治療する「Total Facial Treatment」の重要性。

表面に現れるしわやたるみには、筋肉や骨の老化が大きく関わっています。そのため、シワが気になるときは、気になるシワだけを改善するのではなく、シワが生じた根本原因から解決し、お顔全体を立体的に改善することが大切です。

それが、結果的に「不自然さのない美しい仕上がり」となります。

不必要に頬を膨らませるような注入法やシワを埋めるだけの注入法は、昔、ヒアルロン酸の技術が今ほど進歩していない時代に行われていた方法です。時代の流れと共に、注入方法や注入製剤が改良され、自然で美しい仕上がりへと進化をとげました。

「いかにも何かが入っています。」というような不自然な仕上がりにならないためには、「適切な部位に」「適量を」「最適な製剤」を使用し、一部分ではなく「全体のバランスを見て」行うことが大切です。

そして、全国どこでヒアルロン酸注射を受けても不自然さのない美しい仕上がりを実現できるよう、注入指導医として「正しい注入治療の知識や技術を広めていく活動」も、引き続きしっかりと行っていきたいと思います。

注入治療についてご相談は、下記までお気軽にお問い合わせくださいね。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事