レーザー講演 in ベトナム・ハノイ

ベトナムの首都ハノイで講演を行ってまいりました。 会場は、先日、米朝首脳会談が行われた「メリア・ハノイ」。 300人を収容する会場が満員になるほどの大盛況ぶり。アジア各国のDrの学ぼうとする意欲が高く、海外講演では毎回良い刺激をいただきます。 講演でご一緒したのは、 Dr.Lin(Taiwan 右)、Dr.Vasanop(Thailand 左)のお二人。 Dr.Linとはこれで3度目。シンガポール講演以来の再会です。

お二人の先生方と共に今後のレーザーの展開や治療法の改善策などについて対談しました。

ベトナムは、最新の美容医療への関心が高く、テレビ局の取材もうけました。

脂肪を減らすだけでなく皮膚のタイトニングまで同時に行うレーザー「スカルプシュア」、そしてシミを消しながら肌を再生させる高性能ピコレーザー「ピコシュア」をご紹介しました。

ピコシュア 講演&ライブデモンストレーション

ピコレーザー「ピコシュア」は、使い方の工夫によって、シミを消すだけでなく、シワを消したり、今あるニキビを治療したり、ニキビ痕をなくしたりと、様々なお肌のトラブルを改善させることができます。

ただし、シミを消すための照射方法では、他症状の改善は望めません。このため今回の講演では、「ピコシュアの一歩踏み込んだ使い方」についてお話ししました。

効果的な照射方法があり、同じ機器を使用しても照射方法が変われば効果も大きく異なってきます。ライブデモンストレーションでは、レーザーを照射する上で外せないポイントである「正確性」を実際に照射しながら解説しました。

スカルプシュア 講演

脂肪を減らすだけでなくボディラインのタイトニングまで同時に行う「スカルプシュア」の講演では、当院の治療結果に聴衆から驚きの声が上がりました。

他機器を用いると、脂肪を破壊することで皮膚にたるみがでてしまったり、そもそも効果的に脂肪を破壊できず結果に満足感が得られにくい等の話を聞きます。

当院のスカルプシュアはレーザーの力で皮下脂肪を減少させつつ、皮膚および皮膚の下にあるコラーゲンを引き締めて、引き締まったボディラインを作りあげることができる1台2役の画期的なマシンです。

さて、今週末はアメリカのデンバーで行われるアメリカレーザー学会ASLMS(American society for Laser medicine and surgery)で発表です。

医療法人光悠会 あざみ野ヒルズスキンクリニック
045-507-7420(火・水・金・土曜 9:00~17:00)

インターネット予約(24時間受付)

関連記事